ニュージーランドへ中古車輸出する際の輸入規則

ニュージーランド

2016年9月の輸出統計によると、中古車の海外輸出台数は前年比1550台減少のおよそ94000台になったそうです。

 

国別で見てみると、ニュージーランドが首位での9639台で、前年比25.4%増とすごく伸びています。

 

ニュージーランドは安全基準や排出ガス基準、所有権の証明書等の条件を満たした車両であれば原則として誰でも自由に輸入することができますが、基準を満たしていないもの、走行距離計の表示を不正に改ざんしたものは輸入できません。

 

中古車は輸出国を問わず抹消登録証明書(Deregistration Certificate)が必要ですが、ニュージーランドの場合は、ニュージーランド第一次産業省(Ministry of Primary Industries: MPI)による検疫、ニュージーランド運輸局(New Zealand Transport Agency: NZTA)が指定した輸入車両検査業者(Entry Certifier)による輸入車両検査が義務付けられています。